カテゴリ:2019年度
190717 服を着て水泳?!

 水から自己の生命を守ることは、水泳指導の大きなねらいの一つです。現実に水の事故は、海、川、湖などの自然環境において着衣のまま発生することが多い状況です。

 着衣での水泳指導の目的は、水の事故を未然に防ぐため、プール等での水着での泳ぎと違う泳ぎの難しさを身をもって体験させ、そこから不慮の事故に出会ったときの落ち着いた対応の仕方を学ばせることにあります。

 今日は、着衣しての水中での動きを実感するとともに、ペットボトルやプラスチックバッグを使って長く浮くことを学習しました。

 

公開日:2019年07月17日 15:00:00